オモリ付きフィッシング|レッツ、パワフルフィッシング!ジギング&鯛ラバの楽しみ方

オモリ付きフィッシング

浮き輪

水深がふかい海で楽しめるジギング、鯛ラバというフィッシングは、分類するなら「パワフル系フィッシング」に属します。休日、晴れた日の海辺、防波堤でのんびり釣り糸を垂れている人たちの「のんびり系フィッシング」とは違い、海に漕ぎ出でて真っ青な海の底へ底へと釣り針を沈め、さまざまな「大物」を狙います。海の底の、冷たくて圧が激しいところを泳いでいる魚たちは、身がしまって美味しい魚ばかり。圧が激しい中を泳ぐために筋肉が発達し、焼き魚にしたりするとしっかりした歯ごたえを楽しめるようになる……そんな魚たちが泳いでいるのを、狙います。ブリや鯛、アジなどがジギング、鯛ラバで狙える代表的な大物たちです。

これらの「大物」を狙うためのフィッシングである「ジギング」は、その名も「ジグ」というオモリを釣り糸の先に付けるモノとなっています。小ぶりながらもずっしりしたジグは、釣り糸を海に垂れるとどんどん底のほうまで糸を引っ張っていき、大物たちが泳いでいる深さまで到達します。そこでエサやルアーに食いついて針にかかった魚たちをグーッと釣り上げるわけです。
「鯛ラバ」は、ジギングの一種ですが、大物の中でも特に文字通り鯛を狙うものとなっています。鯛はどんなふうに料理しても美味しい魚ですが、同時に非情に頭のいい魚で、ジギングで利用する普通のルアーではなかなか引っかかることがないのです。そこで、そんな鯛を釣り上げるために工夫した「特別なオモリ=鯛ラバ」を付けて狙うことになるのです。

Copyright © 2017 レッツ、パワフルフィッシング!ジギング&鯛ラバの楽しみ方 .